写真:奄美・神様のマンゴー

AMAMI MANGO 奄美・神様のマンゴー AMAMI MANGO 奄美・神様のマンゴー2019

神様の住む島、奄美に起こった奇跡 日本初 無加温・肥料農薬を使わない! 神様の住む島、奄美に起こった奇跡 日本初 無加温・肥料農薬を使わない!

なぜ、「神様のマンゴー」なのか?

神様 = 自然と人とが仲良く暮らす亜熱帯の島、奄美大島。
“豊かな自然が残る奄美から、肥料も農薬も使わない、地球にも人にも優しい持続可能な農業ができるということを全国に発信したい。
”生産者、川畑くみこさんの想いと“奄美一おいしい”といわれるマンゴーを生産してきた確かな技術と農学博士 道法正徳氏の植物ホルモンを活かした栽培方法のコラボレーションが、日本初の肥料・農薬を使わないマンゴーの誕生を可能にしました。
その出来は芳醇な香りと酸味のあるとろける甘さ、そして農薬を全く使っていないとは思えない美しさ。

奄美・神様のマンゴーが全国に流通するようになったら、果樹農家さんにも消費者にもこの栽培方法が広まる可能性があり、もしかしたら日本の農業に革命を起こすことができるかもしれません。
地球にも人にも優しい農業が広まることはきっとかみさまも喜ぶに違いないから。
そんな気持ちでこの名前を付けました。

このマンゴーの生産者、川畑くみこさんは、1999年よりマンゴー栽培を始め、2008年からはマンゴー専業農家としてご夫婦で減農薬、有機肥料+手作り堆肥で、全自家苗、無加温、全ミツバチ受粉で、”奄美一おいしいマンゴー”と言われ、市場評価も高く、マンゴー農家としては成功していました。
しかし”もっと自然に”という、くみこさんの熱烈な想いと道法さんの技術が出会い、2013年より自然栽培に取り組み始めました。
翌年、30棟あるハウスの1棟で、成功。 以後徐々にハウスを増やし、現在ハウスは4棟。
途中、虫の被害など、数々の困難を乗り越え、8年目の今も、順調に実をつけています。

写真;川端くみこさん

生産者、川畑くみこさんの想い

自然栽培は奄美でもできるんだと知って、世界が広がった。
今まで、様々に手をかけて、マンゴー栽培に成功してきたが、
もっとシンプルにやっても成功できるとわかれば、みんなのお手本になれる。
肥料も農薬も使わない本物のマンゴーの味を作ってまず自分が食べてみたいし、
それを皆さんにも召し上がっていただきたい。
そして、ここ奄美大島から、そういう農法ができるということを全国に向けて発信したい。

取り組み始めて分かったことは、みんな自然が教えてくれるだから、ただ自然の手助けをすればよい。
ただ、マンゴーの木が元気になるように、それだけを考えて毎日お世話をしている。

奄美・神様のマンゴー

生産者:奄美市笠利町 川畑くみこ
1キロ(2~3玉): 8,800円(税込)+ 送料
発送日: 7月20日頃から、8月中旬まで

※樹上で完熟させ、生産者よりクール便にて直送いたします。

2個入の場合
3個入の場合